>プライバシーポリシー
会社概要経営理念グループネットワーク環境への取組み許可一覧Q&A採用情報お問い合わせ


地下タンク及び地下埋設配管は、
原則として年1回以上、認定業者による定期点検が必要です。

地下タンクや埋設配管・タンクローリーについては、消防法(第14条)の規定により原則として年1回以上、「点検方法に関する知識と技術を有する者(認定業者)」の点検と記録の作成および記録の3年保存をしなければなりません。


地下タンク・埋設配管の気密漏洩検査
高精度・高信頼性のPVリークテスター(微加圧法)を用い、ガソリン等の危険物を貯蔵したまま、タンク本体と配管が一度に検査出来る方法です。この他、加圧漏洩検査方法・微減圧検査方法・実液深度の精密測定などの検査方法があります。

【対象設備】
ガソリンスタンドの地下タンク
ビル・マンションの暖房用地下タンク
病院、学校公共施設の暖房用地下タンク
デパート、ホテルなどの暖房用地下タンク
工場内の各種貯蔵タンク
油槽所地下タンクおよび配管
自家用給油所のタンク
給油所の地下タンクおよび配管
その他、特殊タンク、配管など


タンクローリーの気密漏洩検査
ガス加圧試験法によるPVリークテスター・タンクローリー検査システムで最新の計測技術と専門コンピューターを搭載し、20KL(7槽)を同時試験でき、その場で結果の報告もできます。
copyright (c) 2006 Kiraku Kougyou.co.,Ltd. All rights reseaved.